本屋のおっちゃん

この頃、ブログの更新は湿っぽい話ばかりですが。
今日はお通夜にいってきました。以前、店じまいのときにもここで書いた本屋さんの。
店を畳んでからもう5年。店をたたんだら本屋と客で縁はなくなるなー、なんてブログに書いてますが。
別のご縁で、まあちょい会って話をする機会があって。ああ、でもそれももう3年前になるのか。
今回の訃報は、またまた別ルートから入りました。
実は、お通夜に行って遺影見るまで「同姓同名の人違いだったら恥ずかしー」とか思ってた(汗)
でもやっぱり私の知ってる「本屋のおっちゃん」だったわ。お焼香で遺影を確認して安心したお葬式ははじめてだ。笑っていいよ、おっちゃん。
なんか急なお亡くなりだったらしいけど、その場であれこれ聞くのもなんだと思ってそそくさとお焼香したら帰ってきてしまいました。今になってもやもやしてたり。でも、お別れのご挨拶ができてよかった、かな。
昨日、訃報を知って、しみじみと本棚を眺めてみたら、あれはおっちゃんに勧められた本、これは取り寄せを頼んだ本。テキスト用にまとめて本頼んだ時、巻を間違えてしまってて、こっちのミスなのに大量返品に応じて貰ったりと(もちろん改めて正しい方を注文しましたが~)、あれこれ思い出されます。
暫くは書庫に入ると涙ぐみそうです。今もブログ書いてべそべそ泣いてます。
享年85才。そういえば、正確な歳ははじめて知りました。まあ、早死ってトシじゃあないし、店たたむ頃から持病を抱えてたけど、突然だったらしいので、本人はいささか無念だったかもしれないなぁ。
本を売った本屋と買った客って、ほんとそれだけのはずなんだけど。
他のお店にはそういうのないね。
おっちゃんには数多くいる顧客の一人だったかもしれないけど、本を取り扱うお店は多々あって、私はまだまだあちこちから本を買うけれど、私の「本屋さん」はおっちゃんだけです。おすすめの本を買ったり、コレはいらないと断って持ち帰らせたり、本をめぐるちょっとした攻防が好きでした。
あの世に行ったら、現世ではもう手に入らない本を売ってください。
合掌。

ヒオウギ

Cimg1284
巷はお盆のようですが、我が家は新暦でお盆なのですでに先月終了済み。その代わりと言うわけではないのですが、叔父の一周忌の法要がありました。
昨年、体調が悪いからとちょっと検査のつもりで病院に行って、治療法のない難病とわかり、そのまま家に帰ることも出来ずにあっという間に逝ってしまいました。
今年は梅雨が開けてから雨っぽいなぁと思ってたんですが、思い返せば見舞いに行くたびに去年も雨模様が多かったっけなぁ。母にとっては年の離れた弟で、まさか自分より先に、しかもこんなにあっけなく逝かれるとは思ってなかったようで、去年のことはよく覚えていないとつぶやきます。私も、親が死んだら頼りにできる身内だと頼りに思っていたので、何がなんやら・・・。私らでもそんなこんなでしたから、治療法はない。弱って死ぬのを待つばかり。の日々を過ごした、叔父の無念や叔母、いとこ達(叔父の子ら)の無念はいかほどかと。
長かったような、あっという間だったような1年でしたが、「これで一段落。喪が明けて普通の状態に戻るので、未来を向いて生きていかなければなりません」と、坊さんがいいました。ああ、一年経つというのはそういうことなのだなぁ、と。
法事の日は空模様はよくありませんでしたが、降り出すわけでもなく、ここ数日の暑さを忘れるような涼しさで、年寄りの多い親族の喪服の集まりには助かりました。面倒見のよかった叔父らしい天からの配慮だったようです。
お寺の玄関先に無造作にヒオウギがたくさん咲いてました。アヤメ属の多年草。うちの庭にもあります(写真はお寺のではなく庭の)。開花後に黒い艶のある実をつけることからヌバタマの名称もあります。
自生もしている宿根草なんですから、昨年の同じ時期にも同じ場所に咲いていたはず。目立つオレンジだし、玄関から出入りして葬式やったんだし、視界に入っていたでしょうに、去年は全然気が付きませんでした。
その前の年は、勿論叔父の葬式を出すことになるとは思いもよらず。ヒオウギの季節にお寺にはよりついてもいなかったわけで。
人間はなんのかんのと、見ようとしているものしか目に入らないものなのですね。目の前にあるものすら、見えていても見えないことがあるんですから、運命なんてもんは更に見えないもんなんですね。そんなことをしみじみ思いました。


お墓参り

K3410209_2

伯父の一周忌を前に、お休みが取れないので親たちを乗せてドライブがてらお墓参りに行ってまいりました。身内に何故か4月没が多かったのですが、また増えてしまいました。
こればかりは避けて通れない道、で、親戚ウチでも下の方の年齢層に入る以上、先に送るのはやむを得ない話で、こればかりは日取りを選べるものでもないですが、この季節の命日は、花々に見守られて賑やかでいいですね。
 願わくば 花の下にて 春死なん このきさらぎの望月の頃
とはよくも詠んだものだと思います。

お寺の枝垂れ桜は少し早咲き。墓地のソメイヨシノはまだ少し、でしたが、良いお日和でした。

富士山。

Cimg1651
視界方向の畑に建売住宅が4軒建って、我が家のベランダから頭の上のほうがちょこっと見えていた富士山がついに見えなくなってしまいました。
朝起きてカーテン開けて富士山が見えると「ああ、いい天気だー」とありがたい気持ちになったものですが。
まあ、ちょっと歩けば見えるんですけどね。そこの見晴らしもいつまであるか・・・。
自分だってそうやって畑を潰して建った家に住んでいるんですから、わがままなもんですが。
やっぱり、富士山が見えなくなるというのは寂しいものです。
富士山の姿は変わらなくても、周りの風景はどんどん変わっていくんだなぁ。

鎌倉さんぽ2016

先日、鎌倉に行ってまいりました。
昨年新しくなった長谷寺観音の宝物館と、750年ぶりにお掃除をしたという大仏さんが目当てですー。
Hase
家を出た時は曇っていたのですが、友達と待ち合わせの長谷に到着した時には晴天!いやもう、おかげさまですごい人混みだったけどねー。
長谷寺の紅葉はやたら色づいているのもありましたがまだまだってところ。
階段途中に結構赤くなっている紅葉があって、カメラの人がたくさん溜まっておりました。
長谷寺の宝物館観音ミュージアムは、長谷寺縁起絵巻を出していました。
10月で開館一周年ということでしたが、まだ新しい建物の臭いが残っていてきれいでしたよー。
最近の展示らしく映像が充実していて、観音様の後ろっかわとか、観音様目線で参観者が見下ろせる映像が面白かったでございます。

でもって、ぞろぞろと長谷寺を出て、お隣の光則寺へ。ここは静かでお坊さんの勤行の声が響いておりました。ここは日蓮上人の弟子の日朝が閉じ込められた土牢のあるところ。鎌倉の土牢と言えば鎌倉宮が有名ですが、こっちのほうが間口はデカイのです。
山門すぐの楓がきれいに色づいておりました。

再び人混みに混じり、大仏様へ。
Daibutu

いやー、あいっかわらず、いつ来てもすごい人。真っ青な空にきれいになった大仏さんが鎮座ましましてました。ここのイチョウは早いのかな。2本ともかなり葉を落とし気味。
いつ行っても露座なのが不思議で、なんで覆屋を建てようと誰もしなかったのかなーと思うんですけど、やっぱりこの状態で見慣れちゃってると、鎌倉の大仏は青空の下で見なきゃあかーん!という心理が働くのですかねぇ。

大仏さんについた頃は晴天だったのですが、だんだん雲が出てまいりました。
でも、暖かいよ、鎌倉!流石だ鎌倉!(なんのこっちゃ)
長谷駅まで戻る道すがら、汗かいちゃうくらいだよー。
湘南のひじきを買って、いざ鎌倉!へ。
江ノ電まいどぎゅうぎゅう詰め。

ツレの姪っ子が受験生ってことなので、荏柄天神さんにお守りを買いに。鶴が丘地満宮は華麗にスルーです。でも、七五三がちらほら。着物でめかしてる子供はかわいいですね~。レンタル着物でめかしてるおねーちゃんはビミョーなのもいっぱいいますが・・・ってか、あんなに裾を上げて着るのが流行りなのか?足袋の上に裾って、それねーだろう。
 閑話休題

荏柄天神につく頃にはすっかり曇ってしまっておりましたが、それなりに賑やかでした。
それから、今日は鎌倉土牢巡りだぜ、イエー!ってことで、鎌倉宮にGO。
Kamakuragu
谷戸の奥のせいか、海沿いで日当たりもいい長谷より紅葉が早い気がします。
白い鳥居がいつも印象的な鎌倉宮。ここにも七五三の姿がチラホラと。
おそらく天園ハイキングコースを巡った様子の団体さんもぞろぞろと通っていきます。
再び鎌倉駅に戻り、お茶を飲んで一服するところを探しているうちに、お約束の豊島や本店で鳩サブレを買って、御成通り抜けて~。どこも混んでて大変です。
結局和田塚近くのカフェで一服。
さて、鎌倉駅に帰るのも芸がないから和田塚で江ノ電にノリましょーかねー、とか行ってウロウロしていたんですが・・・。江ノ電って、なんかこう、町の中走っているようで微妙に見えないもんなんですよね。
駅はどこじゃーとダラダラ歩いているうちに、ついてしまいましたよ、長谷駅!あらら。
それにしても、もう「日が暮れるってのになんでこんなに駅から反対方向に行く客が途絶えないのーと思ったら、長谷寺も大仏もライトアップだそうで。
因みに、この日は江ノ電の冬季ライトアップ点灯日でした。
更に、ギュウギュウ詰めの江ノ電に乗ったところ、江ノ島で大量にお客さん下車!
藤沢に到着して知ったのですが、この日は江ノ島のライトアップが始まる日だったそうで・・・。
道理で混んでいたはずだわ。

というわけで、半日ばかりの鎌倉散策は藤沢で終了。
そういえば、段かづらもすっかり新しくきれいになっていて、昔の面影はありませんでした・・・。
サクラが大きくなって日陰を作るようになるのは何年先なのかなー。
あそこまでみんな切って新しい木にしなくても良かったようなきがする・・・。Dan_2


«ハイビスカス