« 宇宙の日 | Main | 酔芙蓉 »

泥棒騒動顛末

先月、自宅に泥棒に入られて、鉢合わせした、なんてつぶやきを書きましたが。
本日、別件でその泥棒が捕まったそうで。前科持ちの空き巣常習犯。警察の予想通り、プロの仕業、でした。
こっちが顔を見た以上、向こうもこちらの顔を見ているはず。なんか、街で会って口封じのために刺されたりしたらとか不安もあったんですが(笑)、これで一安心です。

しかし、おかしなことが一つ。
泥棒は、うちから記念金貨を一枚盗んだ、と自供しているそうなんです。もう換金しちゃってブツは手元にない、とも言ってるそうなんですが。
しかしねぇ、そんなもん、盗られてないんですよ、ハイ。
どこかの家とうちを混同しているだけなのか?泥棒の記憶って、常習犯にもなると曖昧になるものなのか?
盗ったものを盗ってない、というのは判りますが、盗ってないもの盗ったと警察に言う泥棒はまず、おらんでしょうし。

指紋も一致したそうですし、捕まった泥棒がうちに入ったのは間違いないようなのですが。
なんか、釈然としないものを感じる次第、でございます。

« 宇宙の日 | Main | 酔芙蓉 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/967/1443711

Listed below are links to weblogs that reference 泥棒騒動顛末:

« 宇宙の日 | Main | 酔芙蓉 »