« 唐的詞句更新 | Main | インフルエンザ »

ストレス源

風邪をこじらせて体調が悪いせいか、最近心身共にめちゃくちゃ調子が悪い。
こういう時は1週間くらい、家に篭もって誰とも口を聞かずに本でも読んでいたい、という、大変非社交的な性分なんだが、社会人やってると、そう悠長なことは言ってられない。
で、肝心の職場に、最大のストレス源がいるのだ・・・。
歴史系サイトを運営している手前、阿由多は、1を聞かれて10を答えてしまう蘊蓄たれである。
・・・だと思っていたんだが、単に聞き上手・質問上手の友人知人に恵まれていただけらしい。
手取り足取り、初歩の初から懇切丁寧に教えてあげる、という行為は、私には向かないのだ、ああああ。

仕事のからみで、すごい「教えてちゃん」がいる。
とにかく、「自己努力」の片鱗すら見られない。
具体例は避けるが、たとえて言うなら、宿題の課題を自分で読む前に、人に答えを聞いてくるようなタイプ。
「ね~。答え教えて」「どういう質問?」「これ。読んで答えて」
というやりとりが成立しちゃうタイプだ。自分で質問を読む気はさらさら見せない。
それでも、自分はそとづらよしこちゃんなので、一応は質問を読み、答えを出してしまう。
すごく、疲れる。
この人とやりとりをすると、その日一日、もう誰とも口を聞きたくなくなるくらい疲れる。
しかも、3日もしないうちに、まったく同じことを聞いてきたりするのだ。
少しも進歩&学習していない。また、0から聞いてくる。
もう、いやだ。
全身で「近づくな」オーラを発しているので、そのうち近づいてこなくなるのを期待しているんだが。
これはこれで、人間関係気まずくするしなぁ。
悩みはつきじ。
今日も早く寝よ寝よ。

« 唐的詞句更新 | Main | インフルエンザ »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/967/3011565

Listed below are links to weblogs that reference ストレス源:

« 唐的詞句更新 | Main | インフルエンザ »