« 小正月 | Main | 大寒 »

藪入り

本日は「藪入り」。
だからってぇわけじゃ全然ないんですが、阿由多は今日はお休みでした。

藪入りは、住み込みで働く使用人が、休みを貰って実家に帰る日。
今じゃ落語ぐらいでしか使われない話ですが、江戸時代、地方から子供の内に出てきて商家に「奉公」する使用人には、貴重なお休みであったようです。
労働条件の向上とかで、週休二日が当たり前、の昨今じゃ、とんでもない話でしょうけどね。
まあ、藪入り以外に住み込みの使用人にお休みが無かったわけではないようです。
一応16日のお休み、ということですが、遠方に里がある使用人には、前後複数日の休みが認められていたようですし。
江戸の頃には、住み込みで働く使用人には、子供には教育を授けさせたり、病気をしても面倒を見てやったり、果ては結婚相手の世話とか、店の主人は使用人を我が子同然、面倒みてやったものだそうです。
まあ、搾取するだけの悪徳雇い主もいたそうですけど。

気遣いな住み込みなんぞ、阿由多したくもありませんが、公私ともの生活保障、という観点に立てば、どっちがいいか判らないなぁ・・・。
なんて思うのは、昔の苦労を知らない戯れ言でしょうかね。

« 小正月 | Main | 大寒 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/967/8194351

Listed below are links to weblogs that reference 藪入り:

« 小正月 | Main | 大寒 »