« クリスマスふぐ | Main | 箱根駅伝・駒大残念! »

帯状疱疹日記

さて、今を去ること約1年前の2012年12月5日。左耳の中が2日ほど前から猛烈に痛かったので、実に十年ぶりくらいに耳鼻科に行ったこと(耳はいいんだな、これが)。
「・・・これは、ヘルペスですねぇ」「はい?」「いわゆる帯状疱疹ってやつです」
ヘルペスには単純ヘルペスってのもあるようですが、よりによって帯状疱疹。
耳の中だけってのは珍しかったみたいです。大抵は、頭皮とか首筋とか、そっちの方が最初に出るらしいんですがね。まあ、割と特異体質なんで(副作用とか、アレルギーとか、結構変な方向に出ることが間々ある)。
ごく軽症だということでしたが、バルトレックス貰いました。このときは3日分。服薬2日目くらいで劇的によくなっちゃいました。

・・・で、帯状疱疹って一度かかると二度はかからないって、素人知識に聞いていたんですよね(耳鼻科の先生にそういわれた訳ではありません)。でも、それは一昔前の常識で、再発する人もいるんですって。そんなに再発率は高くないらしいんですが。そういうのの「引き」はいいんですよ、じぶん。
ええ。再発しましたとも。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
今年の12月13日頃でしたね、お腹を壊す風邪を引いたんですね。それが引き金だったらしい。
数日したら、左側の耳のしたあたりから首筋が妙に痛む。左側です。左側。
暫くして、頭部上の方もさわるだけで飛び上がるほど痛くなってきた。左側オンリー。
耳やったのも左側です。神経痛で残っているのが出たのかなあ、と思いつつ(帯状発疹は再発しないと信じていたので)、鎮痛剤やら風邪薬でだましだまししていたら、左側おでこに湿疹が!でも、それも、ちょっと頭をぶつけたもんで、その傷を無意識にかき壊して赤くなったのかなあ程度に思ってたんですよ。その間ずっと、左頭部が痛かったんですけどね。
で、5日ほどしたら、今度は腰回りにものすごいじんましん。これはなんか変だと思って皮膚科に行きました。じんましんを見て貰うために。で。「じんましんだね」「フツーのじんましんですか」「うん。薬出すね」「ああ、良かった。帯状発疹かと」「額のが帯状発疹だよ。そっちの方が重症」「えっ」Σ(゚□゚(゚□゚*)
お医者さんけろりと。帯状疱疹で身体が弱っていると、他のところに湿疹が出来ることもあるそうで・・・。その典型・・・。「痛かったでしょ?」って、人ごとみたいに。いや、人ごとですけど。痛かったんですよ。ってかリアルに痛い。
で、バルトレックス5日分貰いました。今回は発症から投薬に一週間以上開いていたので(3日以内が勝負といいます)、あまり効かなかった上に、思い切り胃をやられました。12月29日現在、未だ胃が痛いし、湿疹自体は収まってますが、何となく左側頭部がキリキリする。後遺症神経痛残っちゃったかなあ・・・・。

とりあえず、帯状発疹は老人の病気。再発はしない。という一昔前の常識はバツみたいです・・・

« クリスマスふぐ | Main | 箱根駅伝・駒大残念! »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/967/58843402

Listed below are links to weblogs that reference 帯状疱疹日記:

« クリスマスふぐ | Main | 箱根駅伝・駒大残念! »