« 着物すたいる | Main | 寒の戻り »

手ぬぐいタペストリー

もともと、芸人さんのご祝儀手ぬぐいとかもらって集めるのが好きだったのですが、この頃はきれいな手拭いが多いので、手ぬぐいを壁掛けにしております。遅ればせながら、ようやく自分の周りも暖かくなったので、雪持ち椿の手ぬぐいを桜柄に交換。Sakura
季節の折々に取り換えてます。桜の次は菖蒲の手ぬぐい。その次は金魚って感じです。今年は花火柄を買おうかな~。朝顔にしようかな。

手ぬぐい額も欲しいんですが、案外高い(ケチ)のと入れ替えが手間(モノグサ)というので、上下をひもで挟んでつるすだけの簡単なタペ棒を使っています。これの難点は、縦飾りにしかできない、ってことなんですが・・・・。
現在、手ぬぐいの染は型染の一種である注染(ちゅうせん。そそぎぞめ)がほとんど。特殊なノリで土手を作ってその中に染料を注ぎ込んで染めます。自由な線が引けるので、絵画的な模様も多いです。
私が好きなのは中でも大柄。壁に飾るには一番いいです。小紋や絞りもいいんですけどね。
壁飾り以外にも、手ぬぐいガーゼタオルも愛用してます。
バッグの中にはさすがに入れてません(風呂敷は入ってますが)。
日用使いにさっとかっこよく使えるようになるといいんですけどね。


« 着物すたいる | Main | 寒の戻り »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/967/59370304

Listed below are links to weblogs that reference 手ぬぐいタペストリー:

« 着物すたいる | Main | 寒の戻り »