« 横浜開港祭りと日本丸 | Main | 行田は蓮が真っ盛り »

山開き・釜蓋開き

Cimg0650
写真は高尾山から見た富士山です(今日の撮影ではありません)。

7月1日です。一年の半分であり衣替えやらなんやらの6月1日と並んで、夏の節目の日。
ニュースは富士山の山開きを伝えていましたが、現在、富士山に限らずこの日を夏山登山の山開きとしている山は多いらしいです。
本来「山開き」とは、山岳信仰の関係で、普段は足を踏み入れてはいけない禁足地の聖なる山に、一定の期間だけ登山を許す、その初日をいうもの。登山が主にレジャーとなった現在でも、山開きに先立ち山麓の神社などでご祈祷をするケースも少なくありません。

夏は祖霊信仰の季節でもあります。お盆の準備を始める「釜蓋朔日(かまぶたついたち)」も7月1日。お盆休みといったら8月の旧盆が多いようで、今日からお盆の準備、と言われてもピンとこない人も多いようですが、私の親戚周りはみんな7月がお盆。7月1日に地獄の釜の蓋が開いて、祖霊はえっちらおっちら7月中頃までに故郷に帰ります。冥途の道は遠いから、とか言いますが、案外、お山で寄り道して子孫が登ってくるのを待ってたりするのかも知れません。

更に因みに、明治22年7月1日は新橋から神戸まで、東海道本線(当時は東海道鉄道)の全線開通記念日でもあります。飛躍的に関東と関西の移動時間は縮まりましたが、冥途の道は相変わらず遠いままみたいです。

« 横浜開港祭りと日本丸 | Main | 行田は蓮が真っ盛り »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/967/59911246

Listed below are links to weblogs that reference 山開き・釜蓋開き:

« 横浜開港祭りと日本丸 | Main | 行田は蓮が真っ盛り »