« 高野山の名宝展 | Main | いってらっしゃい!はやぶさ2 »

「誰が袖図」展(根津美術館)

さて、先日根津美術館の「誰が袖図」展に行ってきました。
Nedu
根津美術館は、根津嘉一郎の個人コレクションをベースにした私立美術館。表参道の元丹南藩主高木家の下屋敷があった場所に立っています。今でも都心とは思えない、茶室が4つも点在する日本庭園があります。紅葉はまだちょっと・・・でしたが、風情のあるお庭で、茶室の2つではお茶会をやっていました。
さて、「誰が袖図」。たがそでずと読みます。サブタイトルが~描かれたきもの~。衣桁にたくさんの華やかな衣装をかけ並べた様子を図にしたものです。
今回の展示は館コレクションの中にある「誰が袖図屏風」3点と、美人画や伊万里の人形など、描かれた衣装をテーマに集めた展示。きらびやかな屏風に、丹念に描かれたきらびやかな小袖の柄が江戸の遊里の華やかさを想像させます。
いつみても感心しますが、室町~江戸の小袖の華やかな衣装の装飾性の高さや細かさは素晴らしい。それをまた絵にかいて室内装飾にしようっていうセンス。贅を尽くしたごく一部の特権階級や特殊空間があった時代がよいとばかりは申せませんが、こういう日本の感性というのは大切にしたいものだと思います。

特別展示のほかに、複数ある展示室では仏像、茶道具、美術館がウリにしている青銅器が展示されています。
来年の干支ひつじにちなんで、双羊尊グッズがたくさん売っていたのがまたマニア心をそそりました。絵葉書たくさん買い込んでしまった(笑)
平成21年に新装オープンして初めての訪問でしたが、雰囲気は変わらず。都会の喧騒を忘れさせる良質な空間に良質な美術品の数々。心和む美術館です。

「誰が袖図」展は12月23日まで。次回の「動物礼賛」も面白そうです。

で、双羊尊に萌えたわけではありませんが、羊肉が食べたくなったので(笑)夕食は「アナトリア宮益坂店」(ディナータイムの開店前にお店についてしまったのに、快く店内に入れてくれて、どうもすみません&ありがとうございます)でトルコ料理にいたしました。
Toruko
私はトルコ料理大好きなんですが、世界の三大料理といわれる割、他二つほどお店がないんですよね・・・。
アラカルトで頼んで、写真はエキメッキ、お店オリジナルの赤いジャガイモのメゼ、ブドウの葉のドルマ。ワインはもちろんトルコワイン。あとはシガラボーレイ、シシケバブ、メネメン、最後にチャイで締めました。
温かい順に食べられるように進み具合を見計らってお皿を出してくれて、気遣いもはなまる。おいしかったです。エルレニゼ サールクhappy01

« 高野山の名宝展 | Main | いってらっしゃい!はやぶさ2 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 高野山の名宝展 | Main | いってらっしゃい!はやぶさ2 »