« 陳舜臣氏死去 | Main | 中伊豆北条氏らぶツアー 三島編 »

澤乃井立春朝搾り!

もらったよー。飲んだよー。いえー♪(*゚▽゚)ノSawanoi_4

立春初搾りは「日本名門酒会」の公式サイトによると「春を迎えるめでたき立春の日にふさわしい祝い酒が〈立春朝搾り〉。節分の夜から一晩中、もろみを搾り続け、立春の早朝に搾りあがったばかりの生原酒」であって、
「搾り上がりが2月4日と決まっている立春朝搾りは、できあがりが早すぎたり遅くなったりしないいよう、完璧な管理と微妙な調整が必要。「大吟醸より神経を使う」という杜氏さん泣かせのお酒なのです。」
という、たいへんありがたいお酒です。
全国37蔵元が参加して、その蔵元の近くの酒屋でしか買えないというお品だとか。酒屋さんがお手伝いに行って瓶詰とか手伝うんですって。
そんなお酒をいただいてしまいました。(≧∇≦)

澤乃井酒造は東京西郊、青梅市にある蔵元。多摩の酒蔵としては老舗の有名どころ。櫛かんざし美術館や玉堂美術館見学とか、ままごと屋~はちょっと高いのでいもうとやでお食事をしたり、と私も時々ドライブがてらお邪魔しています。
やっぱ多摩人は多摩のお酒を飲まないとね~、という地元根性にひいき目なしでもおいしいお酒があるのでたびたび買ってましたが、立春朝搾りというのは初耳、初体験でございました。
んで。能書きはさておき。

おちょこにまずは冷で一杯。
ふわっと来る独特のいい香り!メロンのようなといいますか、フルーティな、何とも言えないふくよかな香り。飲むとまたのど越しから鼻腔に抜けてくる香りは馥郁。あ~、極楽。
口当たりも、いわゆるはやりの淡麗辛口とは違ってささらっといかずやや舌にまといつきながらも、決して重たくくどくもナイ。
ちょっと燗をつけてみたらこれはよろしくなかったですね。ちとくどいというか、せっかくの美人が何もそんなに厚化粧せんでも・・・といった印象に化けてしまいます。
冷蔵庫で冷やして、ひんやりとするおちょこに注いで温まらないうちにいってしまうのがよろしいデス。

くどくど言っても意味はない。
うん。とにかくうまい!!な日本酒でした。
やっぱ、酒は丁寧に作られた日本酒に限るよ。旨いよ。天の美禄だよ。酒に十徳、更に立春のめでたいお酒。
今年一年よい年でありますよう。
とりあえず、うまい酒を飲んで至福~~~なので、まずはいいことがあったことには間違いない!
(ある意味、安い幸せかもしれない・・・)

« 陳舜臣氏死去 | Main | 中伊豆北条氏らぶツアー 三島編 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 陳舜臣氏死去 | Main | 中伊豆北条氏らぶツアー 三島編 »