« タブレット昇天 | Main | 大杉漣さん急死! »

皆既月食

2018年1月31日は日本で3年ぶり、ほぼ全国で見られる皆既月食でしたー。
夕方から雲が出てきてちょっと心配でしたが、遠征無しで観測終了。
Cimg3796
詳しいことはいろいろな人が色んな所で書いてますので端折って、大変大雑把にまとめると、皆既月食は、満月が地球の影に入って暗く見える現象です。一部分だけが地球の影に入るのが部分月食。全部はいるのが皆既月食です。地球の影のどの部分にどの程度かかるかで、欠け方、皆既時間の長さが違ったりします。今回、ほぼほぼど真ん中を通ったので、長く観測できる月食でした。寒かったけどねー。

日食と違って、月食は結構よく見えたりするんですが、地球上の何処かで、という話だと、実は日食の方が(部分・皆既含めて)発生する頻度は高いのです。これもまあ大雑把にくくると月食のほうが見える範囲が広く観測されやすいってのがありまして。
詳しい仕組みは国立天文台のサイトがわかりやすいと思いますー国立天文台月食の仕組み
まあ、そんなこんながありまして、月食は中国などではかなり昔から計算されて予測されていました。
それでも赤銅色に光る月というのは、やはり見た目に不気味な印象を与えるのか、単なる自然現象だよ、と割り切っていたというわけでもないようですが。

さて、今回の月食は半影食の始まりが19時50分頃、皆既食の初めが21時50分頃で終わりが23時頃。月の出が17時頃で南中が日付の変わる頃、ですので、欠け始めから完全に半影食から抜けるまでの全部が観測できる好条件でした。
自分は皆既に入ってしばらくしたところで見るのやめちゃいましたけど(寒かったし、かぜっぴきだったので~)
Cimg3803
薄曇りの天気だったとはいえ、結構よく見えました。もう少し赤黒くなるかなと思ったんですが割りとキレイなオレンジ。やはり冬の空は寒いけど大気が澄んでますね。

ちなみに、次に日本で一応観測できる皆既月食は今年の7月28日。しかし残念ながら、この時は皆既時間中に月が沈んでしまいます。今回のように全部見える皆既月食は2022年まで待つようです。部分月食は部分月食できれいなんですけどね。


« タブレット昇天 | Main | 大杉漣さん急死! »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« タブレット昇天 | Main | 大杉漣さん急死! »