« Nexus7のバッテリー交換をしてみた | Main | 歌丸師匠死去! »

いずれバラかカキツバタ

Cimg3983


気がついたら随分前になってしまった(^^;)
先日・・・ってどんだけ前の話だよ。5月のたまの休みを利用して、季節のお花見にいってきました。根津美術館のカキツバタと旧古河庭園のバラ鑑賞。土日運んでしょうがないけど、こういう時は平日休める変則勤務はありがたい。
といっても、ちょいと盛りは過ぎてましたが・・・。

根津美術館は「光琳と乾山」の特別展の最中でした。燕子花図もいいけど、リアルカキツバタもいいですね。
根津美術館は好きな美術館です。コンパクトで見やすいし、庭園もきれいだし、何より良い展示をよくやってますし。(茶杓の良さだけは今持ってどーしてもわからないのだが。)
ここの庭園は旧大名庭園を利用しているもので、コンパクトながら変化もあって好きな庭です。庭内には茶室がいくつかあり、この日はその一つで抹茶サービスをやってました。茶室の貸し出しもやってるので、たまに茶会の客といき合うこともあります。
展示室を回っている間に、雷どかんのにわか雨で、それはそれで風情があるカキツバタは、盛りを過ぎて花ガラのほうが多いくらいでしたが。カキツバタは濡れてまたよし。
庭園散策中、ふと一箇所に淡い紫の花が巻き散ってて、何だと思って見上げたら、センダンが満開だーっ。うわ、何回も来てるのに全く気が付かなかった。
写真左手の上の方に枝を出してるところにいっぱい咲いてるんですが、写真じゃわからないなー。しかも背景曇り空だし。
センダンは楝(おうち)とも言われるセンダン科の高木。ちなみに「栴檀は双葉より芳し」の栴檀は白檀のことだそうです、念の為(まぎらわしい)。
樹皮と果実は生薬になるし、種(核)は数珠玉になるんで勇名ですが、案外花を見ることはないんですよね。上の方に小さくつく花なので。いつもの場所に新発見があるのは嬉しいものです。カキツバタにセンダン。思わぬ楽しみでございました。

さて、雨が上がるのを待って、午後は旧古河庭園へ。
Cimg4004_3
都立の特殊公園になります。バラの季節にバラの名所というと、関東ではまっさきにくらいニュースになる場所なので、どこで写真とってもどっかで見たことあるなーって感じになっちゃいますが。
自分は建物好きなので、学生の頃建物だけは見に来たことがありますが、有名なバラの季節は初めて。平日だってのに、まあ、人がいっぱいいましたわー(お前もその一人だ)。
ここは北区にありまして、自然の段差を利用して、一番高いところに邸宅、一段下に洋風庭園(バラ園)、更に下段に日本庭園、というような構成になってます。
ちなみに、建物側から庭園を見るとこんな感じ。
Cimg4000_2

バラばっかり有名ですが、日本庭園の方もなかなかなです。ここは大正期に古河財閥の当主虎之助が建てた邸宅で、日本庭園も西洋庭園も邸宅もその時に整備されたもんですが、日本庭園は平安神宮や円山公園の作庭で有名な小川治兵衛の作。近代和風庭園の傑作の一つであります。今じゃ無理だが富士山の溶岩なんかも使っているんですよー。
池を囲むように散策路が作られている池泉廻遊式庭園で、結構広いもんだかtら、写真が取りにくいという難点が(^^;)。しかも、雨上がりで結構石橋とか滑るし、土の路はぬかるむし、で、いい写真がなかった。
いい塩梅に空も晴れて、散策日和にはなりました。
おかげさまで、もっと歩けということか、素直に来た道を戻るか、学生時代に通った道を行けばいいのに、出たことのない駒込駅に出ようとして見事道に迷ったのは、まあ、お約束ってことで。

« Nexus7のバッテリー交換をしてみた | Main | 歌丸師匠死去! »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« Nexus7のバッテリー交換をしてみた | Main | 歌丸師匠死去! »