« キィボードが壊れたーー | Main

神代植物公園

先日、調布の深大寺で本堂の特別公開をやっているのにあわせて、神代植物公園に行ってきました。あいにくの天気でしたが久々のお出かけです。園内のあちこちに倒木を処理した痕が見受けられ、先日の台風被害の凄まじさを今更ながらに感じつつ、でもありましたが、曇り空でも空が広いのはいいですねー。
Kiku
正面ゲートを入るとすぐ、菊花展の真っ最中。一輪咲きの鉢、菊の盆景、古典菊、様々な菊で賑わっています。コキアも赤く色づいてました。大輪の一輪咲きもいいんですが、個人的には小菊が好きな方です。見事な小菊の寄せ植えが~。素晴らしい。
背後の建物の中では、東洋蘭の展示会。
Cimg4107Ran
東洋蘭、いいですよねー。私は凛とした佇まいが大好きです。絢爛豪華な西洋蘭とは違う趣があります。蘭鉢の独特なフォルムもまたいいんですよね。背の高い植物に背の高い鉢を組み合わせると、すっとしなやかなスレンダー東洋美人という感じです。
じっくり蘭を拝見したあとは園内を。やはり台風の片付けが済んでいない部分があるようで、あちこち通行止めになっています。空は今にも泣き出しそうですが、傘なしで散策できるのは何より。
しばらくあれ、ここも通れないーとかぼやきつつ、冬桜の咲いているはずの方へ向かううち、なにやあぷ~~ん、と醤油の香ばしい香りが。えー、雨模様のド平日なのに、せんべい屋さんの屋台?とか思いつつ、植物園でこの香りには覚えがあるぞ・・・とたどっていくと、ありましたよ!桂の木!すっくとファインダーに入らないくらい高く高くそびえ立つ桂の木が数本。桂の葉っぱはお醤油の香りがするんです。わぁ、久々にこの姿!この香り!と喜んでいるうちに、写真とるの忘れました。まあ、写真映えのする樹木ではない、んですが・ね。
中央に大きなパンパスグラスが島のように映える広場も、今日は人っ子一人いません。いつも大体、子供たちが騒いでいるんですけどねー。
Panpa
この広場のすぐ近くに、秋咲きの桜が数本うわっています。寒桜と十月桜と冬桜。それぞれぽつん、ぽつんと花をつけていましたが、曇り空を背景に白い桜の写真を上手に取るのは無理だわー。
それにしても、桜の園あたりは樹木の荒れが結構目立ちます。かなりの大木が根元の方からポッキリ折れたような痕も。積み上げられた、処理済みの伐採樹木に自然の猛威を感じつつ、おや、ひときわ見事な赤い実が!
Tarayo
タラヨウ、通称手紙の木の実です。あきる野市の広徳寺境内に立派な木があるのを見たことがありますが、ここのはそんなに大木ではないけど実のつき方が半端ない!それにしても、これだけ実っていてほぼ無傷ということは・・・鳥にとっては美味しい木の実ではないんですかね。子供の頃の自分なら、迷わずつまんで食べて見るんですが、そこはオトナの分別で我慢我慢、と。
広場を巡るように走る小川沿いに、バラ園の方に向かいます。
ここでポツポツ、ついに雨滴が落ちてきましたが・・・。
Bara
秋咲きのバラ!ちょっと盛りを過ぎている感じでしたが、春咲きより秋の方が香りのいいバラが多いという説もあるようで、近づくだけで良い香り。
香りに包まれてバラ園を通り、温室に向かいます。温室は近年リニューアルされたみたいで、中はすごくきれいになっていました。熱帯植物の部屋にはバナナがたわわに実ってました。ここの部屋にはヒスイカズラがあるので有名ですが、今日は花の痕跡はまるでなしー。中央部分に当たる球根ベゴニアの部屋に入ります。まさに花いっぱい!
Bekonia
様々な色、形のベゴニアが部屋中にあるのはなかなか圧巻です。いや、それにしても色んな種類があるなー、と感心します。私は割と一重咲きが好みなんですが・・・ハンキングのしだれているのもなかなか可愛いです。
続けてお隣の部屋には熱帯蓮の池があります。チラリほらりと咲いてはいますがちょっと寂しげ、名漢字仮名。熱帯蓮はしゅっとした花びらが綺麗で、一輪だけでもかっこいいんですけどね。
最後に乾燥地帯の植物コーナーを抜けて、出口へ。サボテン、サボテンもかわいいんですが、なんと出口に、食虫植物コーナー!
Utubo
ウツボカズラでか!ハエトリソウかわゆす。モウセンゴケ、緑と赤のコントラストが綺麗だー、と大はしゃぎして周囲に白い目で見られつつ、外を見たら結構雨が降り出してました。ありゃりゃ。
まあ、雨の雑木林というのも風情があっていいものではあります。
深大寺門を出る頃に丁度お昼時。流石に平日の雨の日というだけあって、天気のいい休日なら行列ができるってもんな蕎麦屋さんも、昼飯時とは思えない閑寂っぷり。ちょっと悩みましたが松葉茶屋というお店に初めて入ってみました。店内はガラガラ。深大寺の蕎麦屋とは思えない(^^;)。十割蕎麦のせいろを注文。ほのかに緑色がかった美しい蕎麦が出てきました。
いや、めちゃウマ!深大寺の蕎麦屋で昼飯時にお客が私と数人くらいしかいなくて大丈夫か?とか思ってすみません!空いててありがとう!
細めの麺は十割蕎麦なのにもっさりしていなく、しっかりとした腰とかといって硬すぎる、ってこともなく。噛み締めて香りを感じるのと喉を通るのがちょうどいいタイミングの硬さ。そしてなんと言っても麺つゆのお出汁が、ウマイっっ!いや、ひっさびさに文句なしにウマイ!という蕎麦でした。個人的には花丸大満足。ごちそうさまでした。
店の外に出るとすっかり本降り。深大寺に出向きます。特別公開の本堂内は撮影禁止。本堂前のムクロジに、実がたわわに実っていました。これだけ実ってて、下に一粒も落ちていないってなぜ?と思ったら、お寺の人が綺麗に掃除している賜であるという説を聞きました。いつ来ても、絶対に落ちているのを拾えないそうです。
本堂を拝観して、前に見たことあるけど一応、国宝の如来様にもご挨拶をして、門前でホッカホカのそば饅頭をゲットし、だいぶ肌寒いバス停でバス待ちに平らげて、帰途につきました。
やっぱり、緑の中はいいですねー。
美術館博物館寺巡りも好きですが。
さ、明日も、頑張ろう・・・・・会社行きたくない。

« キィボードが壊れたーー | Main

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« キィボードが壊れたーー | Main